北区S邸マンションリノベーション
2016年3月竣工 大阪市

築20年のマンションを水回りの更新を含めたフルリノベーション。

お施主様からの第1のご要望は、多目的スペースとして半屋外のようなサンルームが欲しいとのこと。
お施主様がお持ちの家具やインテリアはアンティーク家具を思わせる落ち着いた飴色の色調のものが多く、 プラン・コーディネートのベースになっています。

寝室は壁を天井まで仕切らず、古材の化粧梁を配置。
サンルームの壁はチャコールグレーの木目シート仕上とし、
リビングの壁にはアクセントとしてグリーン系の割肌タイルを一面に張りました。

ステンレスの流し台もアースカラーの部屋の中で都会的な印象を演出していてうまく調和できていると思います。
マンションのリフォーム規約で床をカーペットにしなければいけないなどの制約がある中、洗練されていながら落ち着いた住空間に仕上がりました。